Deep Magenda

いよいよ、念願の集中コース「クリパル・ステージ」が始まりました。

ヨガのこともクリパルのことも深く理解していないまま、スタジオで仕事をさせていただいてましたが、これから60時間かけて、クリパルヨガを学びます!

で、スタジオへ行ったら、受付の三人娘から「Deep Magenda」オーラソーマポマンダーの贈り物。ボディケアの仕事をしている私にって。マゼンダは「ケアする人のケア」なのだそう。ずっしりとしたエネルギーと、瑞々しさを感じました。

日々、使わせていただきます!
可愛いカードもメッセージも感激。。

文ちゃん、ふーみん、えりちゃん、ありがとうハート

magenda


気がつけば、半年。

気がつけば、吉祥寺のサロンで働きだしてから半年が過ぎました。

一緒に働いているセラピストたちは、みんな素敵に個性的で面白くて、超が100個つくほどの癒し系。人の肌へ直に触れるお仕事なので、ぐったり疲れることもあるけれど、みんなに癒される毎日です。

ようやく治療に専念できる環境も整いつつあり、一緒に演奏していた仲間のライヴへ足を運ぶことも。一昨年は、ライブ情報を見るのも辛かったので、大きな大きな前進です。頑張ってる、そして輝いてるミュージシャンたちの姿に励まされて、私もぜったい完治して一緒に演奏するんだ!って想いが強くなります。

まだ怖い、って気持ちがあるけれど、そのうちJamSessionにも、行けるようになるといいなぁ。

先日のスーパームーン、曇り空で見られなくて残念でした。スピリチュアル的には、夏至を過ぎてから、現実化のスピードが早くなっているとか。言葉にしたことが、叶いやすくなってる、ってこと!キラほし

皆さんの実現したいことは何ですか。
私も、わくわくしながら希望の道へ進んでいきますハート

サロンが入っているマンションの中庭から、宙を見上げて。





7/13@P’s Bar

だいぶ日が長くなってきましたね。
本格的な夏まで、もうすぐです!

facebookにはお知らせしていたのですが、、
来月、池袋のP's Bar にて、またもひっそり(?)歌います。まだまだジストニア治療中で声も模索しながらですが、よかったら遊びにいらしてください。

7/13sat
P's Bar
池袋
03-5391-3365
1st/18:40 2nd/20:10
with 山口友生g、福井アミp
*お席の余裕はお店にご確認ください。

皆さまとお会いできるのを楽しみにしていますハート




山中湖

5月末から6月のあたまには、山中湖へ行ってきました!

毎年参加させていただいている、大学のゼミでのお仕事。
例年の富良野も最高でしたが、開催地を山中湖に変えての今年も、素晴らしい経験でした。



ゼミのタイトルは「景観としての森林生態系と、人間の感覚」

学生たちと行動を共に、森林を歩き、森を感じ、音を感じ、最終日にはジャズを演奏しました。

今年は、山中湖に住居をもつパーカッショニストの谷山さんが参加してくださったり、各々が楽器をつくっての森のコンサート(更にそれをネット配信)など、新しい試みがたくさんあって、楽しかった!そして、普段音楽から離れて生活している私にとって、音を出したり、音楽の話しができるひとときが何よりも幸せなのです。

充実の、三泊四日の旅。今回のメンバーで参加するのは三回目ですが、より深くなっていくのを感じます。

演習林ではヘルメット着用必須です。

ハンモッグが嬉しくて、、

演奏は、ミュージック・イン・山中湖にて。

ご一緒した素晴らしいメンバーと。(松尾由堂、吉木稔、谷山明人、私、大島洋)


そして今回は、

”声のことを言い訳しない” というチャレンジがありました。

私のジストニアという声の事情を知らない人たちの前で、ジャズを歌う。それは、私の中で相当なエッジで、やっぱり、まだ怖いです。

感性豊かな若い人たち、ましてやジャズを生で聴くのははじめて、という人たちに聴かせるのが、私の歌でよいのだろうか、という思いがあります。

だって、こんなもんじゃない。

ジャズという以前に、人間の「声」という可能性を、鍛錬された声が響いたときに、人は感動することを、私は知っているから、、「声云々」を超えたものを、そこで出せていたら嬉しいけれど。

それにしても、頭脳派集団な学生たち。
ハタチ前後ならではの、これからの人生の選択について、キレのいい頭脳をもって、ちゃんと悩み、しっかり考えてる。私も、刺激をもらい、色々と考えさせられました。

「現実を諦めるのではなく、自分が現実をつくっていく」

これは、今年参加してくださった谷山明人さんの言葉。自分も本来の生態系の一部になりたいと、樹木を伐採して、森に村をつくり、外部のシステムに依存しない、という生き方を見せてくれている方です。

「自分が現実をつくっていく。」

私は、
この声をもって、どこへ向かうんだろう。
どんな可能性を秘めているんだろう。


私も、とことん模索中です!


2年間ありがとうございました!

先週の月曜日、下北沢にあるクリパルヨガのスタジオ、Yoga of Lifeでの受付スタッフの仕事を卒業しました。

「これから私の人生どうしよう」自由に出せる歌声を失い、自信も失っていた私に、不思議なご縁で、仕事を与えていただきました。

クラスを受けたあとの生徒さんたちは、まるで温泉から出てきたみたいな表情でスタジオから出てこられて、私はいつも、癒しのエネルギーをいただいていました。また、長く通われている生徒さんの顔つきが、だんだんと穏やかに変わっていく様を見せてもらって、このスタジオで働けることを、誇りに思っていました。

たくさんの人の心に触れ、生きていることの美しさ、今に気づくこと、あるがままを受け容れること、心と身体の繋がり、、ただただ、気付きに感動する毎日でした。

人生に、無駄なことなんてひとつもない。

この場所に出会えたことは、ほんとうにラッキーだとしか言いようがない。身も心も弱っていた私は、この守られた環境で、癒されながら働くことができ、新しい私の人生に必要な出逢いすべてを与えてもらいました。

クリパルヨガについても、ヨガについても知らない、ほとんどゼロの状態からのスタートでしたが、スタッフの皆さん、ティーチャーの皆さんは、いつもあたたかく見守ってくれました。

この2年の間にも、色んなことがありましたが、あらゆる局面でヨガにもたくさん助けられました。そして、クリパルヨガと音楽の共通点に触れるたび、感動して涙がでました。

自分自身のなかから出てきたメッセージは、何よりも強さを持っている。自分自身と繋がる方法はいくつもあるけれど、ヨガは、そのなかでも強力なツールだと思う。

最初の一歩は、あるがままの自分を受け容れることから。

この先に続いてゆく道も、ゆったりと歩んでいきます。


まだ実感が湧かないけれど、、

トシさん、まきこさん、文ちゃん、えりちゃん、ハルさん、憲さん、えりこさん、ノブさん、ミツさん、みーちゃん、ゆみこさん、あさこさん、まっきー、千恵子さん、きじこさん、瞳さん、スタジオへ通う生徒の皆さん、そしてかおりん!大好きなみんな、2年間ほんとうにありがとう!

Jai Bhagwan !!












































Keath Jarrett Trio

先日は、結成30周年のキース・ジャレット トリオを聴きに。

チケットの裏側には、



” 最後です、しっかりと耳に焼き付けてください ” と。

そう、トリオで来日するのは、これが最後、なのだそう。
30年間も同じメンバーで演奏できるなんてすごいこと。

ほんとうに、聴けてよかった!

彼のソロピアノのアルバム「The Melody At Night With You」を聴いて、キースの世界が大好きになったのだけれど、これまで何度、心救われたか知れません。

コンサート会場で1999年の録音「Whisper Not」を、大好きな ”Prelude To A Kiss” 目当てで購入。ここ数日毎日聴いているけれど、胸がきゅぅんとします、、ハート

キースの音楽が大好きなのは、なににも囚われることもなく、奥深くへ広がってゆく世界観を持っているから、なのかも。

Keith Jarrett は68歳、ドラマーのJack DeJohnette は70歳。そして、ベーシストのGary Peacock は78歳!

肉体に限界があったとしても、精神というものは、いつまでも、どこまでも自由なんだなぁ、と思わせられました。



私も、人生のど真ん中で音楽をやりたい。

また音楽活動を再会できる日が、待ち遠しいです。




5周年!

こんにちは!

一ヶ月ぶりの、ももくりさんねん です。
たまにしか更新していないブログにも関わらず、お読みくださっている皆さま、ありがとうございます。

もう今週末ですが、講師を務めております田端にあるジャズスクール「bf Jazz School」 開校五周年の記念パーティーが東京ドームホテルで催されます。

一曲だけですが、私も歌でお祝いさせていただく予定でするんッ

素晴らしい講師陣による演奏もあり、最後には、来場者含めてのセッションも!聴くだけもよし、参加するもよし、スクール関係者以外の方も大歓迎ですので、ぜひぜひお越しください。

5/19sun.
bf Jazz School 5th Anniversary Live Party

Open 11:30 Start 12:00〜14:30
水道橋・東京ドームホテル
43F「アーティストカフェ」
詳細はこちらでご確認ください。


久々に歌ってきました。

4月12日はP's Barでのライブでした。
楽しかったーー!!ハート

お越しくださった皆さま、ありがとうございました!
遠くからいただいたエールも、たくさん感じています。

共演した山口友生さんも、福井亜実ちゃんも、素晴らしくて、心地いい空気感がたくさんありました。また、今までとはいい意味で声が変わってきて、声が変わってきたことで、選曲も自由度が広がりました。

ライブ前日、お世話になっている「天晴治療院」では、深いところからゆるゆるにしてもらいました。道すがら咲いていたお花の綺麗なこと♪


実は、この4ヶ月の間「申し訳ないけれど、やっぱりライヴをお断りさせていただこう、、」と何度も何度も思いました。

注射の効果が効いていたのを、声が治ったような感覚になってライブお受けしたのですが、年始にガクンと声が出なくなって、歌うことを考えただけで気が重くなっていました。声の治療でお世話になっている大阪の先生も、「注射がきれると、皆さん落ち込むみたいですねー」とおっしゃってました。確かに、声が出ないショックagaine!ですからね。。

声と向き合えない状態で選曲も練習もできる訳がなく、けっきょく気持ちが歌う方向へ向いたのは、ライブの2日前のこと。共演するミュージシャンからいただいた言葉に、気持ちが楽になりました。

「声が出てもでなくても、心と体に音楽を持っている人は絶対大丈夫、気楽に楽しみましょう!」

こんな優しい言葉をくれるミュージシャンがいてくれて、私はほんとうに幸せものです。サポートの気持ちを持ってくださる全ての人に、心から感謝です!キラほし


4/12fri.
with 山口友生g. 福井亜実p.

01 Fais Do Do
02 Cheek To Cheek
03 Waltz For Debby
04 Candy
05 Scirocco(composed by Tomoo Yamaguchi)
06 朧月夜
07 Skylark

08 Aqua De Beber
09 Teach Me Tonight
10 Ribbon In The Sky
11 Wild Is The Wind
12 Love Me Tender
13 Straight No Chacer

Encore
So Much Magnificence

桜♪

春ですね!
皆さまお元気ですか。

まだ三月になったばかりの春一番に、下北沢で桜が咲いていました♪



新年のご挨拶からご無沙汰してしまいましたが、お陰さまで元気にしています。

2013年、新装オープンしたサロンでの勤務も始まり、新しい環境でアロマセラピストとしての学びをさせてもらっています。

大阪での声の治療はお預け状態ですが、「魂」として自分の存在をみたとき、私にとって必要な経験をさせていただけていること、ありがたく思いながら毎日を過ごしています。

昨年末、池袋のP's Barにて"ちょっぴり復活ライブ" をさせていただきましたが、来月も、四ヶ月ぶりに歌わせていただきます。

4/12fri
P's Bar
池袋
03-5391-3365
1st/19:40 2nd/21:10
with 山口友生g、福井亜実p
*お席の余裕はお店にご確認ください。


皆さまとお会いできるのを、楽しみにしています!




音楽に戻っていきたい。

どうやら注射の効果が切れたみたいです。
だだだーん!注射期間終了。



もうとっくに切れていたのかと思ってたけど、大晦日あたりで声が出しにくい感じになって、またもう一段階、声が出なくなりました。

藤野とP'sBarのときは、出しにくい感覚はあっても、身体をちゃんと使えばなんとか声が出る状態だった。振り返ってみると、あれは注射が効いてたんだなぁ。

年末に「以前より地声が出せるようになってきました。半年前はミックスボイスしか出せなかったので、自分でも信じられないです。ジストニアともっと仲良くなれる気がするし、ひょっとしたら本当に治るんじゃないか、とも思えてきました。新しい年はきっと色んな意味で余裕もできて、練習もできるようになると思うし、もっといい歌を届けるようになりたいです。」

と書いたばかりでしたが、なんだか遠い夢のなかにいたみたい。
夢のなかは、音で遊んで、たくさんの人たちと再会できて楽しかった!

もうしばらく、こっちで修行しなさい、ってことかな。

注射や手術以外の方法で、なんとか以前のように声をだせるようになりたいです。治療費を捻出するのも精一杯ですが、音楽に戻っていきたい。

音楽に戻ることを、神様に許していただきたいです。