八ヶ岳へ ー

このブログの更新も稀になってしまっていますが。日々たくさんの気付きや、素敵なことに溢れていて、ただただ感謝です。


今日は大切なお知らせを。



来年の1月から、山梨県は八ヶ岳山麓へ住んでみることにしました。

2ヶ月ほど前のことです。アロマセラピストとして働いている吉祥寺のサロンの部屋に、小さなガジュマルの木があるのですが、この木を見ていたら、ふと、「森に住みたい」と思ったのでした。


森の小さな家に、

ピアノとギターとヴァイオリン、
それに
オイルトリートメントできる施術ベットも持ち運んで、
毎朝土の上でヨガをできたら素敵だなぁハート

なんて、笑
妄想覚めやらず、、


そういえば、森に住んでいる知人がいたなぁと、八ヶ岳北杜市でEcoVillageをされているパーカッショニストの谷山さんを思い出し、森に住むって実際どんな様子なんだろう、と思いコンタクトしてみると、「とりあえずいらっしゃい!」と。

快く迎えてくださった谷山さんfamilyも、お家も、八ヶ岳山麓も、それは素晴らしくて、感じるものがありました。呼吸が深くなり、身体が喜んでいるのがわかる。帰路に着く電車の中ではもう、携帯で小淵沢での仕事を探していました。そして先日、リゾートホテルのスパでの就職が内定し、1月下旬から働くことになりました。

生まれ育った東京を離れることに対して、マリッジブルーのような気持ちにもなりましたが、そこも抜けて、今は東京でしか出来ないことを進めています。

森へ住みたいと思ってからの二ヶ月間はあっという間で、導かれてる感が半端なく、きっと何かあるんだろうなと感じています。表立った演奏活動をお休みしている2年半の間、ゆるやかな意識の目覚めとともに、自然のある場所に住むための準備を進めていたのかもしれません。

私の中で、たくさんのことが起きていますが、八ヶ岳の地での生活を通して、これからどんな学びが待っているのか、とても楽しみです!

Hallelujah!

日暮里Bar Portoでのライヴ。
お越しくださった皆さま、ありがとうございましたー!

小さなお店ではありますが、満員御礼☆
入れなかったお客さま、ほんとうにごめんなさい。。

年に一度のスペシャルな日。
幸せなBirthdayを過ごさせていただきました。


声も、ほんの少しずつだけれど変化があって、
今出せる声のなかでいちばん響くところを感じて歌うことができました。

デュオをお願いしたのは、
もう長い付き合いになるギタリストの松尾由堂氏。

いつも曲を素直に捉えてくれるところが素晴らしいな、と思っていて、
今回、私のオリジナルも、マントラも、曲が生きるサウンドを奏でてくれました。

"United93" は彼のオリジナル。
すっかり魅了され、ヴォカリーズで歌いたいとリクエスト。

歌いながら、心が穏やかになってゆくのを感じます。
こんな曲がかけるなんて、、尊敬です!


アンコールで歌った ”So Much Magnificence”

寄せては返す波・・
ただそこにある自然の美しさを歌ったもの。

波のようにくり返すHallelujah
一緒に歌ってもらったみんなの声が優しく優しく響いて、とても気持ちよかったです。

ありがとう。




また、お花にプレゼントもいただいてしまって。
たくさんのお心、ありがとうございます。

でも!それより何より、
皆さんの笑顔を見ることができたこと。

それが最高に嬉しかった!!


and,

皆に歌ってもらいたいとリクエストした ♪HappyBirthday
心に響いて泣いちゃったよん!にゃは!

「HappyBirthday」なかなかの名曲ですねハート


いつもいただいてばかりでスミマセン!

私からは、
お礼に黒糖オーツクッキー胡桃入りちょいsolty.
たくさん作ってもっていきました♪


そして見てー!
心友がプレゼントしてくれた手製のカード。


さなえさん、「さなを」って!笑

やりよるなー 涙



9/4wed.
with 松尾由堂g.

01 My Shining Hour
02 59th Street Bridge Song
03 Prelude To A Kiss
04 うたうだけ
05 My Favorite Things
06 United 93(by Yudo Matsuo)
07 Falling In Love With Love

08 In The Silence(仮 by Tomomi Sasaki)
09 Om Namo Bhagavate
10 Aqua De Beber
11 Straight No Chacer
12 浜辺の歌
13 On A Clear Day
14 Tristeza

Encore
So Much Magnificence






今年も、9月4日は。

桃の美味しい季節ですね!

昨年のBirthdayLiveに引き続き・・
9月4日は今年も、やっぱり大好きなことをDocomo80

9/4wed
Bar Porto
日暮里
03-3891-6444
1st/20:00 2nd/21:30
duo 松尾由堂g
MusicCharge 2,500yen
*ご予約をお勧めいたします

甲府に住む叔母が送ってくれた桃。
みんなで食べて、いつの間にかもう最後のいっこ!
ちょっとシワシワだけど、記念にパチリ。

桃


ぎゅうぎゅうのP’sでした

すっかり遅くなってしまいましたが。

P'sBarでは、たくさんのお客さま、ありがとうございました!
当日はお席のお断りもあったそうで、申し訳ありませんでした。

メンバーでパチリ☆
写真は、アミちゃんからいただいたものでフレーム付き。



みんなのやりたい曲を持ち寄っての、一夜でした。

友生さんのオリジナルは、アフリカの風とサウダージな感じ。
アミちゃんアレンジの童謡「kagome kagome」独特のAmiサウンド。
かっこよかったなぁ。

また珍しく、自分のオリジナルもやりました。「瞑想」からイマジネーションして書いた曲です。瞑想の達人や、ヨガ仲間も来てくれて嬉しかった。

それに、いつもの愛すべき常連さんに、富良野のゼミでご一緒した学生さん、私と同じ痙攣性発声障害と向き合ってる方、bf jazz schoolでの発表会を控えた生徒さんもいらしてくださいました。

皆さんありがとうー!

&... アンコールには、ライブ前夜に急きょ譜面に起したgypsy songも!もうもう、気持ちが溢れてしまって、歌わずにはいられなかったのです。

そして、ジストニアなりの身体の使い方が工夫できてきたのか、わずかでも声の治療がよい方向に進んでいるのか、分からないけれど、この日は、声そのものが、少しだけ、自分の思いに近づいてきてくれているような気がしました。

声のこと、
皆さまにはご心配をかけ続けていますね、、
見守っていただけてること、感謝です。

めげずに治療もがんばるぞい!


アミちゃんもブログに書いてくれました*
Ami Fukui


7/13sat.
with 山口友生g. 福井アミp.

01 Fais Do Do
02 Blackbird
03 Prelude To A Kiss
04 Tea For Two
05 Summertime
06 蘇州夜曲
07 Scirocco(by Tomoo Yamaguchi)

08 In The Silence(仮 by Tomomi Sasaki)
09 Aqua De Beber
10 I Fall In Love Too Easily
11 Tea Break Bossa(by Tomoo Yamaguchi)
12 kagome kagome(arranged by Ami Fukui)
13 So Much Magnificence

Encore
gypsy song(by Yohei Miyake)


gypsy song ー 三宅洋平

先日のP’s Bar ありがとうございました!
お礼はまた改めて‥


三宅洋平さん



2週間前にFacebookで彼のことを知りました。
「緑の党」推薦候補、全国比例区から立候補しています。

街頭演説をきいて涙するなんて、初めてのことでした。
この人の勇気、愛、、

どうしようもなく心に響きました。

3.11以降に感じていた、
もどかしかった気持ちが溢れたのかもしれない。


選挙の話題をシェアすることに、
すこし躊躇もあったけれど、

自分のなかにある本当の言葉を伝えないで
私の音楽は伝わるのか。

奥底で熱くこみ上げてくる思いは
本物だと感じたから。

選挙に行っても行かなくても、政治は変わらない?

ひとりひとりが本当に目を覚ましたら、
どんな世界が待っていると思う?



この人が国会へ行くのを、私は見てみたい
そんな風に思えたのは初めてだった。

でもね、彼が当選するとかしないとか、
一番大切なのはそこじゃない。

彼に票を入れてほしいって話しじゃないんです。

ちゃんと彼の話しをきいてもらえれば分かると思うけれど、
そんなことも超えてしまってるんです。

地球の話しなんです。

みんなで一緒に対話をし考えようよ、って。
これからの話しなんです。

そう…

終わりのはじまり。


もっと早くアップすべきだったのにごめんなさい。
この2週間で、彼を応援する流れがすごいことになってる。
冒頭にあげた動画もそう。かっこいいよね。

投票までリミットも近づいちゃってるけど、
彼のことをまだ知らない人にむけて、ここに書きました。

この時代の変化を、
大切な人たちと共有したいから。

貴重な時間をつかって読んでくれてありがとう。

ありがとう。


(7月20日渋谷での演説です。三宅さん登場は35分くらいのところから。)

10分で分かる三宅洋平
三宅洋平さんのブログ「三宅日記」

Deep Magenda

いよいよ、念願の集中コース「クリパル・ステージ」が始まりました。

ヨガのこともクリパルのことも深く理解していないまま、スタジオで仕事をさせていただいてましたが、これから60時間かけて、クリパルヨガを学びます!

で、スタジオへ行ったら、受付の三人娘から「Deep Magenda」オーラソーマポマンダーの贈り物。ボディケアの仕事をしている私にって。マゼンダは「ケアする人のケア」なのだそう。ずっしりとしたエネルギーと、瑞々しさを感じました。

日々、使わせていただきます!
可愛いカードもメッセージも感激。。

文ちゃん、ふーみん、えりちゃん、ありがとうハート

magenda


気がつけば、半年。

気がつけば、吉祥寺のサロンで働きだしてから半年が過ぎました。

一緒に働いているセラピストたちは、みんな素敵に個性的で面白くて、超が100個つくほどの癒し系。人の肌へ直に触れるお仕事なので、ぐったり疲れることもあるけれど、みんなに癒される毎日です。

ようやく治療に専念できる環境も整いつつあり、一緒に演奏していた仲間のライヴへ足を運ぶことも。一昨年は、ライブ情報を見るのも辛かったので、大きな大きな前進です。頑張ってる、そして輝いてるミュージシャンたちの姿に励まされて、私もぜったい完治して一緒に演奏するんだ!って想いが強くなります。

まだ怖い、って気持ちがあるけれど、そのうちJamSessionにも、行けるようになるといいなぁ。

先日のスーパームーン、曇り空で見られなくて残念でした。スピリチュアル的には、夏至を過ぎてから、現実化のスピードが早くなっているとか。言葉にしたことが、叶いやすくなってる、ってこと!キラほし

皆さんの実現したいことは何ですか。
私も、わくわくしながら希望の道へ進んでいきますハート

サロンが入っているマンションの中庭から、宙を見上げて。





7/13@P’s Bar

だいぶ日が長くなってきましたね。
本格的な夏まで、もうすぐです!

facebookにはお知らせしていたのですが、、
来月、池袋のP's Bar にて、またもひっそり(?)歌います。まだまだジストニア治療中で声も模索しながらですが、よかったら遊びにいらしてください。

7/13sat
P's Bar
池袋
03-5391-3365
1st/18:40 2nd/20:10
with 山口友生g、福井アミp
*お席の余裕はお店にご確認ください。

皆さまとお会いできるのを楽しみにしていますハート




山中湖

5月末から6月のあたまには、山中湖へ行ってきました!

毎年参加させていただいている、大学のゼミでのお仕事。
例年の富良野も最高でしたが、開催地を山中湖に変えての今年も、素晴らしい経験でした。



ゼミのタイトルは「景観としての森林生態系と、人間の感覚」

学生たちと行動を共に、森林を歩き、森を感じ、音を感じ、最終日にはジャズを演奏しました。

今年は、山中湖に住居をもつパーカッショニストの谷山さんが参加してくださったり、各々が楽器をつくっての森のコンサート(更にそれをネット配信)など、新しい試みがたくさんあって、楽しかった!そして、普段音楽から離れて生活している私にとって、音を出したり、音楽の話しができるひとときが何よりも幸せなのです。

充実の、三泊四日の旅。今回のメンバーで参加するのは三回目ですが、より深くなっていくのを感じます。

演習林ではヘルメット着用必須です。

ハンモッグが嬉しくて、、

演奏は、ミュージック・イン・山中湖にて。

ご一緒した素晴らしいメンバーと。(松尾由堂、吉木稔、谷山明人、私、大島洋)


そして今回は、

”声のことを言い訳しない” というチャレンジがありました。

私のジストニアという声の事情を知らない人たちの前で、ジャズを歌う。それは、私の中で相当なエッジで、やっぱり、まだ怖いです。

感性豊かな若い人たち、ましてやジャズを生で聴くのははじめて、という人たちに聴かせるのが、私の歌でよいのだろうか、という思いがあります。

だって、こんなもんじゃない。

ジャズという以前に、人間の「声」という可能性を、鍛錬された声が響いたときに、人は感動することを、私は知っているから、、「声云々」を超えたものを、そこで出せていたら嬉しいけれど。

それにしても、頭脳派集団な学生たち。
ハタチ前後ならではの、これからの人生の選択について、キレのいい頭脳をもって、ちゃんと悩み、しっかり考えてる。私も、刺激をもらい、色々と考えさせられました。

「現実を諦めるのではなく、自分が現実をつくっていく」

これは、今年参加してくださった谷山明人さんの言葉。自分も本来の生態系の一部になりたいと、樹木を伐採して、森に村をつくり、外部のシステムに依存しない、という生き方を見せてくれている方です。

「自分が現実をつくっていく。」

私は、
この声をもって、どこへ向かうんだろう。
どんな可能性を秘めているんだろう。


私も、とことん模索中です!


2年間ありがとうございました!

先週の月曜日、下北沢にあるクリパルヨガのスタジオ、Yoga of Lifeでの受付スタッフの仕事を卒業しました。

「これから私の人生どうしよう」自由に出せる歌声を失い、自信も失っていた私に、不思議なご縁で、仕事を与えていただきました。

クラスを受けたあとの生徒さんたちは、まるで温泉から出てきたみたいな表情でスタジオから出てこられて、私はいつも、癒しのエネルギーをいただいていました。また、長く通われている生徒さんの顔つきが、だんだんと穏やかに変わっていく様を見せてもらって、このスタジオで働けることを、誇りに思っていました。

たくさんの人の心に触れ、生きていることの美しさ、今に気づくこと、あるがままを受け容れること、心と身体の繋がり、、ただただ、気付きに感動する毎日でした。

人生に、無駄なことなんてひとつもない。

この場所に出会えたことは、ほんとうにラッキーだとしか言いようがない。身も心も弱っていた私は、この守られた環境で、癒されながら働くことができ、新しい私の人生に必要な出逢いすべてを与えてもらいました。

クリパルヨガについても、ヨガについても知らない、ほとんどゼロの状態からのスタートでしたが、スタッフの皆さん、ティーチャーの皆さんは、いつもあたたかく見守ってくれました。

この2年の間にも、色んなことがありましたが、あらゆる局面でヨガにもたくさん助けられました。そして、クリパルヨガと音楽の共通点に触れるたび、感動して涙がでました。

自分自身のなかから出てきたメッセージは、何よりも強さを持っている。自分自身と繋がる方法はいくつもあるけれど、ヨガは、そのなかでも強力なツールだと思う。

最初の一歩は、あるがままの自分を受け容れることから。

この先に続いてゆく道も、ゆったりと歩んでいきます。


まだ実感が湧かないけれど、、

トシさん、まきこさん、文ちゃん、えりちゃん、ハルさん、憲さん、えりこさん、ノブさん、ミツさん、みーちゃん、ゆみこさん、あさこさん、まっきー、千恵子さん、きじこさん、瞳さん、スタジオへ通う生徒の皆さん、そしてかおりん!大好きなみんな、2年間ほんとうにありがとう!

Jai Bhagwan !!